院長BLOG

負けるな市民!

2017年7月14日

岐阜県保険医新聞 “銷夏号”投稿文章です。

権力側にも市民と同様に物を言う権利があります。
権力側に斟酌を求めるようでは健全な市民社会は成立しません。

あくまでも法律を基準に、権力側も市民側も、言うべきこと、
やるべき事を存分に行なう事が可能な社会、
それが三権分立国家の良い点だと思います。