入れ歯

入れ歯治療

素敵な笑顔と噛める喜び

当院では、噛み心地も見た目も優れた自費治療の入れ歯をおすすめしております。お口の状態や入れ歯へのご希望、重視するポイントなどをお聞きしてぴったりの入れ歯をご提案します。
入れ歯が必要になった方、今お使いの入れ歯が合わず痛むなど、このようなお悩みをお持ちの方はお早めにご相談ください。ご相談が早ければ早いほど、快適な毎日も早く手に入ります。

このようなお悩みありませんか?

  • 入れ歯が歯肉にあたって痛い
  • すぐに外れる
  • よく噛めない
  • 違和感がある
  • うまく話せない

ご来院される患者さんの多くは、入れ歯について何らかの不満をお持ちです。
現在、国内の入れ歯使用者数は2300万人にのぼり、入れ歯は日常生活を助ける道具として、
無くてはならないものになってきています。
より快適な生活を送るためにもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

入れ歯の種類

チェリーデンチャー

院長が独自に考案した入れ歯でチェリーデンチャー(桜桃義歯)と名付けました。プラスチック、BTレジン(特許出願中)を使用しかみ合わせを取ることにより、快適で、よくかめる入れ歯が簡単に作れるようになりました。
そのBTレジンによる仮義歯を入れることで、患者さんにとって1番快適なかみ合わせを再現できるようになりました。入れ歯がしっくりこない、痛くてかめないとお悩みの方におすすめしております。

ハイブリッドデンチャー

インプラントを使用したハイブリッドの入れ歯です。入れ歯の支えに、1本でもインプラントを入れることで、驚くほど、
しっかりかめる入れ歯になります。
インプラントが支えになりますので、入れ歯の留め具による歯への負担や顎骨への負担も軽くなり、入れ歯の圧力による顎骨の吸収を防ぎます。全て、インプラントにすると高額になりますが、この方法だと費用も安くできます。

統計によると、入れ歯を入れることで、顎骨が圧迫され血液の流れが悪くなり、1年間で約0.5mmずつ顎骨が吸収され、下がっていくことが分かっています。
この患者さんは、長期間入れ歯を使い続けたことで、下顎の骨が富士山のように吸収され、下がってしまい、今では入れ歯を作り直しても満足にかめない状態になっています。
この患者さんも、顎骨が十分あった頃に、インプラントと義歯のハイブリッドにしておけば、今も充実した食生活を送れたはずです。

インプラントオーバーデンチャー

義歯を安定させ、自分の歯のようにかむために、インプラントほど 強力な味方はありません。インプラントを入れ、そこにマグネット(磁石)をつけたり、ホックをつけたりすることで、通常の入れ歯と比べて 格段によくかめる義歯を手に入れることができます。
インプラントと入れ歯を合わせるパーツには「ボールタイプ」「バータイプ」「磁石タイプ」があります。より快適で充実した食生活をお望みの方には、 インプラントを併用した入れ歯をおすすめしております。

ノンクラスプデンチャー

入れ歯を固定するための金属のバネがなく、やわらかく曲げても割れない素材の入れ歯です。
使い心地は快適で、違和感や痛みはほとんどありません。見た目もよく、入れ歯を入れているとなかなか気づかれない自然さで人気です。

コンフォートは、入れ歯の裏側に白いゴム(生体用シリコーン)を貼り付けて、クッションの役割を持っており、コンフォートした入れ歯であれば、かむ力が80%程度まで回復します。
しっかりとかめれば、食事が楽しめるだけでなく、脳の活性化も促し、より健康的な生活が送れます。

コンフォートのメリット

  • ゴムにより歯肉にかかる負担を軽くし、噛んだ時の痛みを和らげる
  • ゴムが吸盤のような働きをし、外れにくくなる
  • しっかりと歯肉と密着するので噛む力が回復する
  • 現在使用している入れ歯に加工することも出来る