岐阜県各務原市にある歯医者桜桃歯科

  • 岐阜県各務原市にある歯医者桜桃歯科の電話番号
  • 岐阜県各務原市にある歯医者桜桃歯科

院長BLOG

私の虫歯予防活動の推進状況

2011年5月18日

各務原市の池戸市議会議員と一緒に虫歯予防教育の小学校などの公教育での実施に向けて、運動しています。友人の医師の意見で肥満に関しても取り上げる予定 です。市議会主導で、医師会、歯科医師会が協力し市の条例として疾病予防を決議し疾病予防先進自治体を目指して運動をしています。

市議会に働きかけた趣意書をアップしておきます。

初等公教育での虫歯予防の意義について
1、 お母さんは、お子さんは市の検診以外で虫歯予防の話を聞いたことがない
2、 歯医者が虫歯予防について説明するのはお母さん、お父さんに対してであって、子供本人にはしない。
3、 幼稚園、保育園、小学校の授業で虫歯予防の授業、確認のためのテストを受けたことがない

小 学校で学んだことは一生の思い出として人生を左右することが多いです。深い影響を受ける小学生の時代に、健康は自分の意識で管理獲得するのだという、ヘル スプロモーションの考えを身につけさせることは、将来の成人病予防にも大きく役立つはずです。その最初のテーマとして虫歯というのは誰にでも共通の,とっ つきやすい疾患です。公教育で虫歯予防を学んだ自治体の子供は、生活が不規則になる思春期にも、虫歯の数が増えていないというデーターが出ています。健康 を考え、食生活をコントロールする習慣が身に付いているからです。これはその子の将来にものすごく大きな意義を持つと思います。国家の医療費抑制、健康な 高齢者の労働力確保にも大きな意味を持ちます。

予防歯科の第一人者熊谷先生へあてた手紙もアップしておきます。

熊谷先生
日曜日は、ためになるご講演と、また個人的にお話を聞いていただいてありがとうございました。
お話いたしました各務原行政側との、虫歯予防の公教育での実施に向けた、市会議員との現在進行形のやり取りを、お伝えいたします。
今回の先生のご講演で、印象に残ったのは、アメリカ人のこんな歯医者を探していたという言葉です。
投票行動によって、国民が政治家を育ててゆくように(国民以上の政治家は出ないという言葉があります)、一般市民が歯医者を育ててゆく(歯科医院の水準は市民の意識レベルによって決まる)という流れができればと思います。
大規模に、ダイナミックな意識変革を、達成するためには行政の協力、力を使うことは必須条件と考えています。
心ありそうな市会議員にアプローチした時の、趣意書、参考書籍を添付いたします。(本の著者は私の友人です)
友人の医師が、肥満に関しても初等公教育で取り上げれば素晴らしといったので、医師会には肥満についての教育をやろうという路線で説得しています。
いずれにしても、虫歯予防、肥満予防のしっかりとしたヘルスプロモーションの理念を国民に植え付けて、50年先の日本に光明を見いだせるようにするための取り組みです。
各務原市が先駆けとなって、複数の自治体で機能し始めれば、国の事案として国会での決議採択を念頭に置いています。
同時に、意識が高まった市民のニーズに答えられる歯科医院作りを着々と進めましょう。熊谷先生、これから15年間は休めませんよ!
オーラルフィジシャンコース参加します。(25期は10月の日程が合わないので26期に参加します)
今後とも、よろしくお願い申し上げます。
                        桜桃歯科  上田裕康
                      岐阜県各務原市上戸町1−1
                      Tel 058-371-8855
Fax 058-383-8855
Mail fuyuu116@sirius.ocn.ne.jp